2016年4月7日木曜日

2016年3月 モロッコ、スペイン、ドバイ、イスタンブールなど② SIMカードについて

■ リスボン スペイン ジブラルタル フランクフルト


Vodafone IE アイルランドのRed Roamingが1日200MBまで3ユーロでほとんどのヨーロッパで使えるとのことで使用したが実際に使えた。

手順はネットにあるようにebayから購入。TopUp(追加)は日本のクレジットカードでも可能で便利だった。160MBになるとSMSで知らせしてくれる。

■ モロッコ(マラケシュ)


モロッコのキャリアはネットにあるようにモハメッド5世通りを新市街に歩いていくとあった。

正面入口はなぜか防がれているので、左側面から入るのがコツ!


基本的にアラビア語、ベルベル語、フランス語の国なので、なんとなく想像して話すことになる。

伝えるのはスマホでインターネットを使いたいこと、nanosimが欲しいこと、滞在日数など。

nanosimは写真にあるように作ってくれる。

要パスポート。apnの設定は必要ないがsimの出し入れをするとロックがかかっているのでそれを解除するコードをもらう。もちろん最初はやってくれる。TopUpの方法も聞けば教えてくれる。

12GBプランで1200円くらいだった記憶があるが、3G回線なので当然5日程度では使いきれなかった。

砂漠で使えるかは結構面白がって気になっていたが、街から近い場所ではギリギリ。少し離れると使えなかった。砂漠でも仕事ができるぜやっほーいとはならず。

■ ドバイ、アブダビ


ドバイ空港の到着ロビーにカウンターはあった。写真にある通り500MBで3000円程度。要パスポート。apn設定は不要。

説明書とSIMが同封されている箱をもらえるので自分でSIMの入れ替えを行う。

入れ替えるピンが入っているのは助かるところ。

特に難しくはないが、列の順番を守らない人が多いのでしっかり順番を確保すること。

■ トルコ


サビハ・ギョクチェン空港も到着ロビーにカウンターあり。3社くらい並んでいる。


プランの表があるので解りやすい。写真だと上から2段目のもの、2GBで3200円くらいので使用できた。伝えるのはnanosimとプランくらい。要パスポート。

テロ翌日だった為かFBとtwitterは閲覧不可だった。しかし翌日には普通に使えるようになっていた。

apnは設定してくれる。いくつかのアプリはたぶん技術上の問題により使えなかった。

■  iPad Air 

SIMとは関係ないが旅行ではiPadが便利だった。

Kindleに本をDLして持って行ったが全然読めた。特に漫画(キングダム)はバスの中でも読めたので非常に助かった。

また地球の歩き方などの旅行関係もkindleに落としておいて良かった。iPhoneにもDLできるのもgood。

普段電池の持ちは気にしないが旅先では検索やgooglemapを普段より多く使用するのでiPadの持ちの良さは助かった。iPhoneだと夕方にはへばる感じが多かった。

wi-fiモデルだったので市中でネットに接続できなかったのが不便だったので、次回は回線つきのものを持っていきたい。

Apple Simがもし実用に耐え得るならば海外に行く度に必要だったキャリア詣でも終わりになるのかも知れない。少し感慨深い。